技術書典6の振り返り

先日の技術書典6では、新刊「LaTeX文書処理自動化ツールClutTeX 使い方とその仕組み」を無事に(ほぼ)完売することができました。現地で手に取ってくださった皆様、(現地またはBOOTHで)購入してくださった皆様、ありがとうございました。

新刊の電子版(PDF版)をBOOTHで販売中です:LaTeX文書処理自動化ツールClutTeX 使い方とその仕組み – だめぽラボ – BOOTH

設営直後の様子

目標

今回の目標は「ClutTeX本を出して知名度向上を狙う」とした。

今回はサークル参加するべきかどうか結構迷った。「同人誌を出す」という目標は前回達成したし、今回は書き溜めた連載はない。ただ、作っているソフトウェア(ClutTeX)を広めたいという気持ちはあったので、サークル参加してClutTeXの解説本を出すことにした。

被チェック数の推移

ほぼ前回と同様の経過を辿ったのではないかと思う。

  • 4月6日(8日前) 34
  • 4月9日(5日前) 47
    • この日が入稿締め切り
  • 4月10日(4日前) 55
  • 4月11日(3日前) 61
  • 4月13日(1日前) 71
  • 4月14日(当日) 99
  • 最終値105

ジャンルの違いや頒布価格の違いはあるが、被チェック数が前回と同様なら、今回も同様の部数が捌けるだろう(少なくとも、極端な差は出ないだろう)。というわけで、印刷部数は前回と同じ100部にした。ちなみに、今回も早割には間に合わなかった。

価格設定

前回は部数と価格設定に悩みまくったが、今回は薄い本であるということ、そしてページ数が少ないので印刷費が安く済むということから、そんなに深刻に悩むことはなかった。

ページ数は40ページ前後になりそうなので、価格はキリのいい金額で500円か1000円が良い。その上で、手に取ってもらいやすさを考えて500円。それ以上下げると印刷費が回収できない。

今回もダウンロードカードを用意することにした。前回は「紙書籍」「紙書籍+電子版」「電子版」を分けたが、今回は全ての紙書籍に電子版(ダウンロードカード)を付属させることにした。

電子版単体を販売するかは悩んだが、300円で販売することにした。

売れ行き

紙の書籍を100部刷って91部売れたので、ほぼ完売だった。ありがとうございました(2回目)。

ClutTeX本 紙+電子版 (¥500)ClutTeX本 電子版のみ (¥300)代数的数 電子版のみ (¥1000)
11時台2132
12時台2332
13時台1204
14時台1705
15時台1141
16時台701
合計911015

今回の技術書典は最初の2時間の一般入場が有料だった。それと関係あるのかはわからないが、比較的遅い時間まで混雑が続いていたと思う。

「かんたん後払い」の利用率は、28%程度だった。

FAQ・補足事項

販売中に聞かれたことなど:

  • TeX Liveへの収録:一応収録されている。
  • latexmkとの関係:ClutTeXはlatexmkと競合関係にある。
  • ClutTeXは書いたLaTeX文書の処理を支援するツールであって、執筆支援ではない

TeX Liveのバージョンと、インストールされるClutTeXのバージョンの対応は次のようになる(はず):

ClutTeXのバージョン
TeX Live 2018最新版にアップデートすればv0.2が入る。
v0.3を使いたければ手動でインストール
TeX Live 2019(ネットワークインストール)最初からv0.3以降が入る(…といいなあ)
TeX Live 2019(DVD等によるインストール)最初はv0.2が入り、アップデートでv0.3以降が入る

その他反応:

  • 「LaTeX」に反応したのか「懐かしい」と言ってブース前を通り過ぎる来場者が時々いた。大学でレポートや卒論にLaTeXを使ったが就職後は使っていないという層だろうか。そういえば技術書典6では「LaTeX」を掲げるサークルはうちだけだった気がする。

既刊の再販

既刊「代数的数を作る」の紙書籍はないのか、という声が若干あった。

そういう声があるのはありがたいが、同人誌の印刷は部数によって大きく単価が変わるため、少数だけ追加で刷るというのは現実的ではない(具体的には、100部刷るのと20部刷るのでは単価が倍違う)。かといって大量に刷ってしまうとお金がかかるし、在庫も抱えることになる。

(印刷所にデータが残っていて「再版」できる場合は若干安くなるのかもしれないが、どうせなら内容を修正して改版したい)

というわけで、「代数的数を作る」を追加で刷るには、印刷費に投資してくれるファンの方でもいないと現実的ではない。

…というようなことをTwitterで呟いていたら、「オンデマンド出版 (Print On Demand) という手がある」と教えていただいた。オンデマンド出版自体はすでに知っていた(Amazonで買ったペーパーバックの洋書が Printed in Japan だったことがあった)が、同人誌でもオンデマンド出版をできるところがあるらしい。今後検討したい。

今後

表紙のデザイン、フォント、LaTeXクラスファイル等をもっとこだわりたかったが、時間が足りなかった。早割も使えなかった。新刊に早割を使うのは無理では?

書きたいネタはたくさんあるので、今後も同人活動を続けていきたい。今後もだめぽラボをよろしくお願いします!

関連記事(過去の記録など)

謝辞

前回に引き続き今回も手伝ってくれた売り子氏に感謝します。当日の売り子のほか、ステッカーの発注とか色々手伝ってくれました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です