C言語の可変長引数マクロで擬似オーバーロード

C99で導入されたプリプロセッサマクロの可変長引数を使って、引数の個数によるオーバーロードっぽいことをするメモ。

参考:

可変長引数の部分への実引数が0個というのはC言語の規格的にはナシなので、引数が0個の場合には対応しない。(幾つかのコンパイラでは引数が0個でも通るが…)

GCCの場合に0個の引数を処理したい場合、GCC拡張の , ## __VA_ARGS__ みたいなやつを使うといい感じになる。

VC++で

#define CHOOSE(a0,a1,...)
#define hoge(...) CHOOSE(__VA_ARGS__)

という風に書くと、 __VA_ARGS__ の部分が一つの引数(a0)として関数型マクロに渡ってしまうので、ここに書いたコードでは CHOOSECHOOSE2 という風にもう一段階噛ませている。

C11の _Generic とかを使えば引数の型によるオーバーロードもできそうだ。先例:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です