Keynoteのリモート操作

Keynoteで発表するとき、ずっとMacの前に立っているのもアレなので、リモコンで制御したい。

昔のMacにはApple Remote用の赤外線受光部があって、Keynoteを操作できた。しかし、今のMac(Mac miniは例外か)からはそういうのは消えて、Apple RemoteはApple TV専用みたいな感じになってしまった。

今はiPhoneやiPadのKeynoteアプリを使って遠隔操作するのが標準的な方法(?)のようだ。リモート操作だけではなくて、iPhoneの画面で発表者ノートとかも見れる。便利だ!

…と言いたいところだが、

  • iPhone/iPadを持っていない
  • iPadは持っているが、でかいので片手で持てない
  • 触感のないタッチパネルではなくて、物理的なボタンのついたリモコンが欲しい(リモコンの操作をするのに手元を見たくない)

という理由で、物理的なリモコンが使いたいという人もいるだろう。

そこで、赤外線受光部を搭載しないMacで、物理的なリモコンを使ってKeynoteを操作することを考えてみよう。

ところで、音楽再生のコントロールに使う「前の曲・巻き戻し」「再生・一時停止」「次の曲・早送り」ボタンによってKeynoteを操作できる。「巻き戻し・前の曲」で前のスライド、「再生・一時停止」でスライドショーの開始・終了、「早送り・次の曲」で次のスライドに移れる。

これらの操作はMacのキーボードのファンクションキーでもいいし、iPhone用のリモコン付き4極イヤホンでもいいし、AVRCPに対応したBluetoothヘッドセットでもいいし、Bluetoothキーボードでも良い(筆者が試した限りでは)。前者2つはともかくとして、後者2つはKeynoteのリモコンとして使えそうだ。

手持ちのBluetoothヘッドセットでもいいのだが、せっかくならと思って↑こういうリモコン(センチュリー Bluetooth接続マルチメディアリモコン iRemote Shutter)を買ってみた。iOS用を謳ってはいるが、Macの操作もできる(ホームボタンなどのiOS特有のキーは無理だが)。この製品はBluetoothキーボードとして認識されて、「前の曲・巻き戻し」「再生・一時停止」「次の曲・早送り」に対応するボタンがついているので、Keynoteのリモコンとして使える。

こういうメディアキーで、Keynote以外のプレゼンアプリも操作できると便利そうだが、そういうことはできなさそうだ(そもそも、Macには一般のアプリでメディアキーに反応するオフィシャルな方法はなさそう)。矢印キーだけがついた小型のBluetoothキーボードがあれば汎用的に使えそうなものだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です