Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: を擬似的に消す

昔話

その昔、Mac OS X で java コマンドを起動するとターミナルが UTF-8 であってもメッセージがシフトJISで出力されて文字化けしてしまうという時代があった。

java コマンドの起動時に -Dfile.encoding=UTF-8 をつければ出力が UTF-8 になるが、毎回指定するのは面倒くさい。

そんな時、人々は JAVA_TOOL_OPTIONS という環境変数を -Dfile.encoding=UTF-8 に設定したものだ。

そうすれば、確かにメッセージは UTF-8 で出力される。されるのだが…。

Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -Dfile.encoding=UTF-8

という余計なメッセージまで出力される。うるさい。

…というのは過去の話で、最近の Java を Mac 環境で使う分には JAVA_TOOL_OPTIONS を指定しなくても出力が UTF-8 になるので、特に問題はない。(確か、環境変数 LANG を読むはず)

2016年の話

残念なことだが、2016年にもなって、コマンドライン環境で UTF-8 以外のマルチバイトエンコーディング(シフトJISとか)が広く使われている環境が存在する。そういう環境に UTF-8 なターミナル(MinTTY とか)を用意してやっても、デフォルトでは java はシフトJISでメッセージを吐いてくる。したがって、そういう環境で java コマンドのメッセージの出力を UTF-8 にしたい場合は、 JAVA_TOOL_OPTIONS-Dfile.encoding=UTF-8 を指定する必要がある。

まあ、 UTF-8 以外のマルチバイトエンコーディングが広く使われている環境が存在するのは仕方がない。受け入れるしかない。しかし、Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: が出てくるのはなんとかしたい。

このメッセージの出力を抑制できないならば、せめて「見えないように」する方法があるのではないか。つまり、 Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: が印字された後に、空白文字で上書きする…!

つまり、こうだ:

JAVA_TOOL_OPTIONS=$'\r-Dfile.encoding=UTF-8\r                            \r'

$'ほにゃらら' というのは、 bash にエスケープ文字を解釈させる文法だ。この記事に関心を持つような人ならば何をやっているか分かるだろう。

キャリッジリターンとか言ってないで ANSI escape を駆使すれば空行すらなくせるかもしれないが、残念ながらそういうのはキャリッジリターン \r と違い、オプション解釈の際に空白として読み飛ばされない。

真面目な話

ドヤ顔でキャリッジリターンとか書いてみたものの、実際に使ってみると表示が崩れる場合が散見されるので、常用するのはやめたほうがよさそうである。

総合的に考えると、次のようなシェル関数を書いて対応するのがベストかと思われる。(シェルで単独で java を叩いた場合は Picked up … が表示されず、間接的に起動された場合は Picked up … が表示される。)あるいは、シェルスクリプトでラップしてやるという手も考えられる。

export JAVA_TOOL_OPTIONS=-Dfile.encoding=UTF-8
function java() {
    env JAVA_TOOL_OPTIONS="${JAVA_TOOL_OPTIONS/-Dfile.encoding=UTF-8/}" java -Df
ile.encoding=UTF-8 "$@"
}
function javac() {
    env JAVA_TOOL_OPTIONS="${JAVA_TOOL_OPTIONS/-Dfile.encoding=UTF-8/}" "${JDK_P
ATH}/javac" -J-Dfile.encoding=UTF-8 "$@"
}

何をやっているかというと、 java という名前のシェル関数で、「環境変数 JAVA_TOOL_OPTIONS から “-Dfile.encoding=UTF-8” という文字列を削除」「java コマンドに -Dfile.encoding=UTF-8 オプションを渡す」ということをやっている。bash 以外のシェルでは違う書き方が必要になるだろう。

余談

余談だが、ドットネット系のプログラムは、コマンドプロンプトで chcp 65001 をすると出力が UTF-8 になるようだ。UTF-8 なターミナルから MSBuild とか csc とかを叩くときに覚えておくと良いだろう。(Windows の Java も GetConsoleOutputCP で出力文字コードを判断してくれれば良かったのだが…)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です